ジュエルレインは顔のニキビにも効果抜群

ジュエルレインは顔のニキビにも効果がある?

 

 

ジュエルレインは顔に使っても効果があるのでしょうか。

 

ジュエルレインは顔にも使えるのかは気になるところだと思います。

 

結論から先に言うと、ジュエルレインは顔にも使えるのです。

 

ニキビはニキビですから、背中のニキビだけに効果があるのもおかしな話です。

 

体専用としたほうが新鮮ですし、実際に背中ニキビに悩んでいる人向けなのですが、当然のことながら顔ニキビにも効果があります。

 

こういったことは化粧品の業界ではよくある話のようですよ。

 

ニキビができるメカニズムは顔ニキビも背中ニキビも変わりません。

 

 

ジュエルレインの顔のニキビの有効成分

 

ジュエルレインの成分を見ていくと、顔ニキビやニキビ跡にもかなりの効果が期待できます。

 

ジュエルレインの主な機能は、肌の保湿を徹底的に行いながら、ニキビの炎症を止める働きです。

 

ジュエルレインのニキビに対する成分はかなり豪華です。

 

具体的にジュエルレインの成分を見ていきます。

 

 

ジュエルレインの顔ニキビの有効成分

 

・セラミド
・高分子&低分子ヒアルロン酸
・甘草エキス

 

セラミドとヒアルロン酸といった2つの成分は、肌の保湿を目的とした成分となります。

 

ニキビ肌に悩む人の多くはインナードライや乾燥肌の人でしょう。

 

脂性の人であっても、肌自体は乾燥している場合がほとんどなのです。

 

そのため、ジュエルレインのこの成分は非常に重要な役割を果たすのです。

 

ちなみにニキビケア美容液の多くは、セラミドやヒアルロン酸は含まれていません。

 

保湿ケアコスメでよく使われている成分となっているのです。

 

甘草エキスは、ニキビの炎症を止めてくれます。

 

出来ているニキビをすぐに治したい人には必須の成分ですね。

 

甘草エキスは、天然由来成分ですから肌に優しいのが特徴です。

 

 

顔にできるニキビの特徴

 

ジュエルレインは顔ニキビにも効果があります。

 

 

顔のそれぞれの部位のニキビの特徴

 

鼻・眉間(Tゾーンと言われています)

 

両眉毛の上とその間の眉間と鼻は顔の中で、もっとも皮脂腺が多い場所となっています。

 

この場所にできるニキビは、ほとんどが皮脂による毛穴の詰まりが原因です。

 

元々顔が脂性気味な人、思春期でホルモンバランスが安定していない人などにできやすい特徴があります。

 

 

こめかみ

 

こめかみニキビは、偏った食事やシャンプーの洗い残し、さらには整髪料などが原因で発生します。

 

 

あご

 

あごにできるニキビは、いわゆる「大人ニキビ」と言われるものが多いです。

 

生活習慣の乱れやストレス、さらにホルモンバランスの乱れ、「頬づえなどの直接的な刺激」が原因で発生します。

 

 

ほほ

 

ほほのニキビは、他のニキビと同じで、生活習慣の乱れや偏った食生活、さらにはホルモンバランスの乱れが原因で発生します。

 

ほほのニキビは目立ちやすいので、気になって触ることによって炎症が悪化したり、ほほに髪がずっと触れている髪型でニキビが進行することもあります。

 

 

おでこ

 

思春期のホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌、さらには前髪による刺激やシャンプーの洗い残しが主な原因です。

 

髪型を変えるなど、おでこに刺激を与えないようにする工夫が必要となります。

 

 

ジュエルレインに使う際の注意点

 

ジュエルレインはニキビにスポット的に塗ります。

 

ジュエルレインはジェルタイプの美容液なのですが、基本的に顔全体になじませて使うものではないのです。

 

使ってもかまいませんが、ジュエルレインをつけた最初の5分くらいはかなりベタベタとなります。

 

コスパも悪いのでおすすめできません。

 

ニキビのある部分に少し乗せて優しく馴染ませるように塗る方法がベストです。

 

できかけの白ニキビより、重症となる大きめの赤ニキビのほうに効果があります。

 

乾燥させてニキビを治すのではなく、保湿&ニキビの消毒で、ニキビをきれいに治す美容液ですね。

 

 

ジュエルレイン公式↓